ジムなどに行くと、腰にベルトを巻いて筋トレをしている人を見かけることがあると思います。

このトレーニングベルトをすることで筋トレの効果は上がるのでしょうか?

トレーニングベルトをすることで、腹圧があがり、体幹が安定するので、筋トレのパフォーマンスは上がると考えられます。

腹圧とは?

言葉の通り、お腹の圧力ということですが、この腹圧がきっちり働いているかどうかによってカラダを上手く使えるかどうかが変わります。

私たちの体は骨格によって支えられています。

ところがお腹まわりはどうでしょうか?

お腹まわりには骨はありませんよね。

胃や腸など重要な臓器があるにも関わらず、骨格で守られていません。

それでも胃や腸が潰されずに活動できるのはなぜでしょうか?

それは腹圧がかかっているからです。

内臓は腹膜と呼ばれる袋の中に入っています。

腹膜炎という病気がありますが細菌などによって腹膜に炎症が起こる病気が腹膜炎です。

そして中の内臓が働けるようその腹膜を膨らませているのが腹圧ということです。

腹圧によって膨らんだ腹膜を腹筋や背筋で囲むことでカラダを支えているのです。

腹圧が弱くなるとどんなことが起こるでしょうか?

腹圧が弱くなるということは腹膜という袋が縮んでしまうということ。

人間は腹圧と筋肉によってカラダを支えているので腹圧が弱くなれば筋肉の負担が増えることになります。

内臓が圧迫されるので内臓機能も弱くなりますし、腰痛を引き起こすことも。

神経や血管も圧迫されて血行が悪くなり、冷えの原因にもなります。

姿勢も悪くなるので肩こりなどの原因にもなりますね。

このように腹圧というのはカラダのバランスを整える上で重要な働きをしています。

トレーニングベルトの効果

筋トレをするときに腰まわりに大きなベルトを巻くのはお腹に圧力をかけて腹圧を高めるためです。

腹圧を上げると姿勢が安定しやすくなります。

さらにお腹の筋肉を緩ませた状態で力を入れるよりも息を吸い込んでお腹に力を入れた
状態のほうが力を発揮しやすいはずです。

私たちは思いっきり力を出そうとするとき無意識に大きく息を吸い込んでいますが、それは腹圧を高めるためです。

このようにトレーニングベルトは姿勢を安定させるとともに力を発揮しやすくするという
効果があります。

もうひとつ、トレーニングベルトは腰への負担を軽減してくれます。

特にスクワットをするときにはトレーニングベルトをするのはおすすめです。

スクワットをするときには腰が丸くなってしまったり反りすぎたりして、腰に負担がかかることが多く、ヘルニアになるリスクもあります。

下半身を鍛えるときだけでなく、例えばアームカールをするときにも、大きな重量を扱うときは腰が反ってしまうことがよくあります。

ベルトを使うことで腹圧が高まり姿勢をキープしやすくなるので、ケガのリスクを減らしてくれるとともに、筋トレの効果も高まります。
 

筋トレ効率を高めるビルドマッスルHMBについて